一戸建てを購入する際にはどんな税金がかかるか

  • 一戸建てを購入する際にはどんな税金がかかるか

    • 一戸建ての購入時には物件の価格以外にも印紙税や不動産取得税、登録免許税の支払いが必要となります。

      名古屋でフォトスタジオ選びであなたの手助けをします。

      印紙税は一定の文書の作成時に、文書の作成者に対して課せられる税です。


      一戸建てを購入する際には必ず売買契約を結びますが、この時作成される売買契約書が印紙税の課税対象となっている文書の種類の一つとなっています。


      また、金融機関から購入資金を借り入れる場合は金銭消費貸借契約を締結しますが、この契約書も印紙税が課せられる文書です。

      負担する費用は契約書を作成する枚数や原本を誰が保管するかなどによって異なりますが、一戸建て購入時は購入者が契約書の原本を保有することが多いです。



      そのため、印紙税は全額買主の負担となる場合が多いです。

      人気のフォトスタジオの詳細はこちらで簡単に調べられます。

      不動産取得税は土地や建物の購入、交換、贈与などによる取得時に課せられる税で、取得費用の大小に関係なく課税標準額に所定の税率を乗じた金額を納付しなければなりません。
      一戸建てを購入する場合も当然のことながら課税対象となります。

      人気のフォトスタジオの有益な情報を提供します。

      課税標準額は固定資産課税台帳に記載されている価格が用いられ、台帳に記載されていない物件については固定資産評価基準にしたがって課税標準額を決定します。
      登録免許税は一定の登記や許可、認可などに対して課される税です。

      和装の前撮りを詳しく調べるなら便利なサイトです。

      一戸建て購入時には、購入した土地や建物について保存登記や移転登記を行い、ローンを組む場合は抵当権設定登記を行いますが、これらの登記は全て登録免許税の課税対象となっています。
      納付額の決定に重要な課税標準額は、保存登記や移転登記については不動産取得税と同様の方法で決定し、抵当権設定登記については借入金額をそのまま用います。
      マンションか、一戸建てか、マイホームを買う時に最も迷う選択の一つかもしれません。
      どちらにもメリットデメリットはありますが、こちらでは一戸建ての良いところを挙げてみましょう。

      まず、一戸建ては子育てがしやすい環境です。
      子どもの足音や騒ぎ声を階下や隣室に気遣う必要がありませんし、成長とともに増える物資の収納もたくさんできます。1階はリビング、2階は子供部屋とフロアで分ければ、遊びと勉強とのメリハリが付けられます。

      庭つきにすれば家族でのふれあいの時間を持てますし、犬なども飼いやすいでしょう。
      カースペースの広さはともかく、駐車場までの近さも魅力です。

      http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/05/3-98.html

      土地の形状によりますがリフォームもしやすく、ライフスタイルの変化に合わせてリノベーションすることもできます。費用面で考えると、物件価格はマンションより高くなるかもしれませんが、ランニングコストは低い傾向にありますので、トータルの額を見てみると案外一戸建ての方が安いかもしれません。

      http://matome.naver.jp/odai/2142242873769965501

      土地つきなら財産になりますので、建物の価値が無くなっても無駄にはなりません。子や孫に資産を残しやすいのも一戸建ての良いところですので、長い目でみてよく検討すると良いでしょう。

      http://okwave.jp/qa/q636339.html

  • 関連リンク

    • 将来設計を描く中で、一戸建てのマイホームを夢見る人は多くいるでしょう。子供の成長や親の加齢による同居など、マイホームを考えるきっかけは様々ですが、家は人生の中でも最も大きな買い物と言えます。...

    • どうせローンを組むならマンションよりも一戸建てを建てて、自分の土地を所有したいという人は多いものです。マンションにも一戸建てにもそれぞれ長所がありますが、不動産業者の方で言うと物件の斡旋をしている人はマンションを購入する傾向にあり、建築をしている人は一戸建てを所望する傾向にあるようです。...